ゲーム記録

自分で読み返すための記録

箸休めにいつものゲーム

store.steampowered.com

箸休めに最適ないつものHidden Object系

この手のタイプは、基本的に作りが似ているのもあり、目新しさは無い

もちろんゲーム事に試行錯誤は伺えるものの大きな変化はなく、一度この手のゲームをプレイした事があれば、操作に関してわからないといった事はまずおきない

 

今作でも、相変わらずHidden Object系要素ならではのミニゲームは健在

f:id:guununu:20180227072544j:plain

イラストの中から特定のアイテムを探しクリックする

そして時には、二つのアイテムを組み合わせる事で正解のアイテムに変化する事があるけど、これもHidden Object系では珍しい要素ではない

ただ、今作ではこの手のアイテム探しにうんざりしている人向けなのか、モナコと呼ばれる絵合わせ要素があり、特定の同じ絵柄をクリックすることで自動的に隠れているアイテムを回収してくれる要素があった

f:id:guununu:20180227073340j:plain

ただ、前にプレイした「9クルーズ:サーペントクリークの秘密」に比べ、この手のアイテム探し要素が少なく感じたし、アイテムも比較的探しやすかった印象

guununu.hatenablog.com

「9クルーズ:サーペントクリークの秘密」は隙あらば、アイテム探しミニゲームが差し込まれていたからね

 

ストーリーに関しては、カーニバルに訪れた親子の母親の方が、カーニバル会場で突如行方不明になり、依頼をうけた女探偵が現実世界とは違う鏡の世界に向かい母親でもあるスーザン・ジョーンズを見つけ助け出すといった内容

f:id:guununu:20180227075635j:plain

そして、そのカーニバル会場では見るからに怪しい黒ずくめの存在もいて、彼を追う事で事件の真相がわかるようになっている

f:id:guununu:20180227075547j:plain

かなりファンタジー要素が強い内容ではあるものの、ストーリーの出来は無難な感じ

ストーリーだけなら前にプレイした「9クルーズ:サーペントクリークの秘密」の方が面白い

クリアまではだいだい4時間程度で、難易度も比較的易しい部類に入ると思う

おまけストーリーやコンテンツも一通り揃っているし、ミニゲームにもパターンはあるけどいくつもの種類が用意されていた

f:id:guununu:20180227080124j:plain

f:id:guununu:20180227080132j:plain

f:id:guununu:20180227080138j:plain

後、この手のゲームで一番困る部分としてあるのが、日本語ローカライズのさいに出る間違った翻訳なんだけど、プレイした感じそういったものがなかった

アイテム探しのさい、間違った翻訳があるだけでかなり時間を奪われ、最悪全部のアイテムをクリックをするといった事が起こってしまう

もちろん、救済措置は用意されているわけだけどなるべく使いたくない

まあどうしても翻訳ミスの可能性がある場合は、迷わず言語を英語に変えるとあっさり回答がでることもある

 

とりあえず、Hidden Object系のゲームはsteamでも数多く存在し、一部のユーザーからはうんざりされているゲームジャンルではあるものの、個人的にはどこかレトロゲームをプレイしている感覚があるせいか、今でも好きなゲームジャンルの一つでもある

それに、ちょっとした頭の体操にもなるしね