ゲーム記録

自分で読み返すための記録

返校

store.steampowered.com

横スクロールタイプのポイント&クリックというシンプルな操作性で、ストーリーや演出等、想像以上に作り込まれている台湾産ホラーアドベンチャーゲーム

価格は 1180円で日本語にも対応

f:id:guununu:20180215163910j:plain

 

f:id:guununu:20180215164018j:plain

f:id:guununu:20180216114444j:plain

 

 主人公はファン・レイシンという女の子で、舞台となる学校の生徒

f:id:guununu:20180216102112j:plain

そしてもう一人、序盤に操作できるキャラクターとして登場し同じくこの学校の生徒でもあるウェイが、このタイトルにもなっている「返校」という言葉に大きく関わってくる

 

一応ホラーゲームではあるものの、ホラー要素は序盤から中盤まで

基本的には、学校内を探索しつつ徘徊している幽霊を避けアイテムなんかを集めながら、ファン・レイシンの過去の出来事を紐解いていく、ゲーム性よりストーリーに重点をおいた内容

しかも手に入れる資料やアイテム一つ一つに意味がこめられていたりする

f:id:guununu:20180216105521j:plain

f:id:guununu:20180216110337j:plain

ゲーム難易度は謎解き要素のみ詰まらなければ、比較的易しい作りになっており、時折姿を現す幽霊に殺されたとしてもペナルティは無い

 

ストーリーに関しては、台湾で実際おこった歴史的事件を背景に、ファン・レイシンの家庭環境や学生生活、そして人間関係等が悲しい物語として描かれている

ただ、クリアしたからといって全ての要素を理解できるかというと難しく、当時の歴史的事件を把握していないと理解できない部分もあるし、文化や宗教も絡んでくるため日本で生活している人には馴染みのない部分も存在する

 

それでも、気になる人には日本の方ではないものの、丁寧に日本語でこのゲームの事を解説してくれる動画があるので、一度クリアした人には是非見て欲しい

www.nicovideo.jp

この動画を見れば、よりこのゲームの事を理解できる

 

最後に、この「返校」というゲームは、確かにボリューム自体少なく自分も4時間程度でクリアしたものの、ゲームを通して知ってもらおう、理解してもらおうという強いメッセージ性がこめられているため、これを機に台湾の事を調べてみてもいいかもしれない