ゲーム記録

自分で読み返すための記録

18禁要素のあるゲーム

最近steamでもエロゲーが売られるようになっている

もちろん修正はしてあるものの、自分がプレイしたゲームではその修正もあまり意味がないレベル

しかも簡単に修正を除去できるレベルなわけ

 

ただ、こういった18禁レベルのものは色々と問題になりやすく、海外制作のゲームではそういった要素を削り、別の場所でパッチを購入及びDLする事で18禁要素がアンロックされる仕組みになっている事が多い

日本でもそれなりに有名なネコぱらシリーズもvol2から外部サイトでパッチを購入することにより、18禁要素がアンロックされるようになっている

store.steampowered.com

ちなみにこういった18禁要素をパッチとして外部サイトで配布することになったのは

Huniepopという海外制作のゲームがきっかけだったような気がする

store.steampowered.com

もともとHuniepopはゲームクリアのおまけとして無修正のイラストが見れるという事で話題になったものの、結局それだとダメだったようで外部パッチという事で問題解決に至った

 

 

実際どのレベルの18禁要素だと問題になるのか?

これは国ごとに違いがあるため、正確に線引きするのが難しい

 

たとえば、乳首の露出は日本の家庭用ゲームだとOUTになるものの、海外だと当たり前のように修正無しで販売されている

他にも海外だと性器をかたどったアイテム等も修正無しでゲーム内登場するものの、日本だと問題になってしまう

逆に、乳首の露出が無くても未成年の外見だと衣装や演出等で日本では問題無くとも、海外だと修正、もしくは削除といった事が行われる


ただCriminal Girlsのsteam版は一部イベントが削除されているものの、元は海外版の移植のため一部イベントが削除されているだけで、海外もPC版に関しては規制がゆるいのかもしれない

store.steampowered.com

その証拠に、このゲームに限っては公式でMODの適用で本来シーンを追加できるように配慮されている

まあ日本も、18禁要素のあるPCゲームの規制といえば性器のモザイクくらいで、むしろ他の国に比べれば規制はゆるい方なのかもしれない

 

とにかくこういった経緯もあり、steamで販売する場合は出来るだけ露骨な18禁要素を排除し必要なら外部サイトでパッチを配布というスタイルが定着しつつあったわけなんだけど・・・

store.steampowered.com

このゲームの登場で少し状況が変わってくる

邦題は「屋上の百合霊さん」で、もともと日本のアダルトゲーム

けっこう評判も良く、18禁要素も露骨なものではないものの、無修正でそのまま販売されたゲーム

たぶんこのゲームの18禁要素は、ストーリーの演出上必要な要素で、恋愛ドラマや映画のベッドシーンのようなものなんだろう

そのため、その部分を削って販売すると本来の良さが無くなってしまうのかもしれない

正直、このゲームは未プレイなのでなんとも言えないけど、レビュー等を読む感じそんな気がする

 

ただ、単純にこのゲームの発売で18禁要素もOKなんだと勘違いして、露骨な18禁要素が入ったゲームを販売されるとそれはそれで困るわけ

もちろん冒頭で書いたゲームなんかは、中途半端な修正で露骨な18禁要素が入っているため、いつ規制されてもおかしくないものの、ついでにルールを守っているゲームや許可をしっかり取ってあるゲームなんかも規制されたらたまったもんじゃない

 

個人的には18禁要素は歓迎なんだけど、やっぱり最低限のルールは守って欲しいと良く思う

今現在でも、一部のメーカーが国産同人ゲームを中途半端にいじってsteamで販売を行っているけど、これが今後どういった影響を与えるのか正直不安だったりする