ゲーム記録

自分で読み返すための記録

スーパーダンガンロンパ2

store.steampowered.com

スーパーダンガンロンパ2を35時間かけてクリア

前半はのんびり、後半はやや駆け足気味でのプレイだったけど、それでもボリュームはかなりある推理アドベンチャーゲーム

とにかく世界観が少しおかしく、推理ゲームとしても異色の存在

f:id:guununu:20170901041240j:plain

 

ただ、今作は前作の続編にあたる内容なため、前作のネタバレ要素がけっこう出て来てしまうのが最大の注意点かも

 

 

 

 

メインは学級裁判

ゲームの流れとしては、新エリア開放から日常パートが始まり

モノクマによる殺し合いの動機が投入される非日常パートに移り

その後捜査パートから推理パートへ移行していくわけだけど、日常パート~捜査パートまではかなりわかり易い作りになっている

 

まず、各キャラクターの居場所や次に行く場所などはマップで直ぐに確認できるし

調べる場所もボタン一つで表示してくれる

そのため、日常パートや捜査パートで詰まることは無い

f:id:guununu:20170901042355j:plain

しかし、推理パートでもある学級裁判は別で個人的には正直わかり辛い要素も多く、そして難度も少し高い印象

今回は難易度フツウでプレイしてみたけど、リトライ場面が少なからずあった

このゲームが異色の推理ゲームだと思う要素として

推理しながらシューティングやリズムゲームをしたり、さらにアクションをこなさないといけない点

もちろん一度に全ての要素をするわけではないけど、とにかく忙しい場面が多い

f:id:guununu:20170901043111j:plain

f:id:guununu:20170901043128j:plain

しかも、初回から裁判をこなしていくためいくつものゲームの説明が怒涛のように押し寄せてくる

そしてそれら説明も全てテキストのみで、後はいきなり本番が待ち構えている

まあ慣れれば問題ないとはいえ、それでも必要以上に推理とは別のゲーム要素をぶっこんでいるため、ちょっとこの部分はうんざりするかも

 

後は、重要な証言や証拠などはいつでも確認できるものの、中には証拠を突きつけるさい捜査パート中での会話等を覚えていないとスムーズに話が進まない場面もある

こういった要素がこのゲームの難易度高める原因の一つなんだろうね

 

 

マウス&キーボードでの操作性

f:id:guununu:20170901070929j:plain

マウス&キーボードでの操作については、正直使い易いとは言えないけど問題は無いレベル

一人称視点での移動の場合はWASDで移動を行い、マウスで視点を変えれるし、シューティング要素もマウスに対応している

もちろん、ゲーム画面内の選択もマウス対応

 

しかし、生徒手帳内の操作はマウスに対応しておらず、キーでの操作が必要

f:id:guununu:20170901072428j:plain

これは単純にマウス操作に連動したカーソルが生徒手帳内に存在してないため

しかも頻繁に生徒手帳をあける事があるため、この画面でマウスに対応していないことが地味につらい

せめてマップや証拠確認のショートカットがあれば便利だったんだけどね

後、裁判のミニゲームの一つにWASDでの斜め入力を求められる場面なんかも少し辛い

難易度にもよるけど普通にプレイする分にはそこまで精度を求められないので

コントローラーの方がプレイしやすいかも

 

 クリアしての感想

とにかくストーリー部分に力が入っているためか、中盤以降つい駆け足になるくらい引き込まれ、特に狛枝凪斗の存在がストーリーを上手く盛り上げてくれたと思う

正直プレイを始めた頃は前作同様、超高校級の生徒達が集められモノクマによって殺し合いを始めるあたりマンネリ感を薄々感じていた

しかし、狛枝の存在でそれらマンネリ感がゆっくり和らいでいき、やっていることは前作とあまり変わらないのに妙な新鮮さを感じる事になっていく

まあストーリーに関しては面白かったものの、それ以外ではちょっとクドさや説明のわかり難さ、そして面倒な要素等があるため少しストレスを溜める作りではあるものの、このゲームを気に入っている人達は満足できる内容なんじゃないかな