ゲーム記録

自分で読み返すための記録

逆転裁判5

f:id:guununu:20170503101123j:plain

itunes storeでセールをやっていたので、買ってプレイしてみた

 

逆転裁判シリーズは、4までプレイ済みでスピンオフ系などは一切プレイしていない

まあ3DSを持っていないので、プレイできなかったというのが本音だけどね

 

逆転裁判とは、プレイヤーが弁護士となり圧倒的不利な状況から逆転無罪を勝ち取るゲームで、まだ当時この手の法廷バトル物が全く無かったジャンルだけにとても新鮮味のあるゲームだった

 

個人的には今でも1作目が好きで、itunes storeで1作目を買うかどうか迷っている

 

この逆転裁判シリーズは、実際の裁判とは違いかなり内容がぶっ飛んでおり、色々と突っ込み所の多い内容

特に、この逆転裁判の世界では世間一般の常識はあまり通用しない上にオカルト要素も一つのゲーム要素として何度も登場してくる

一応シリーズの主人公としては成歩堂龍一だけど、4作目で主人公が王泥喜法介に変わる

ただ、この4作目は微妙な感じで主人公の交代も含め、色々と悪い部分が露骨に出てしまいあまり良い印象はなかった

実は、この4作目をプレイしたことでその後のシリーズに対してより抵抗を感じるようになったとも言えるかも

 

とは言ってもいきなり4作目でつまらなく感じたわけではなく、2作目以降細かい部分の積み重ねから、それらマイナス要素が4作目で一気に爆発した感じかな

 

ただ、基本この手の推理ゲームも好きだし、逆転裁判シリーズ特有の良さも知っているので再度今回のセールで逆転裁判に触れることとなった

 

変わらない逆転裁判

 

逆転裁判5をプレイ開始直後からいきなりこのシリーズの特徴でもある、過度な演出とくどいやりとりを見て、「あぁ~変わらないなぁ・・・」と実感

今作はいきなり新米弁護士でもある希月心音が法廷に立ち、シリーズお馴染みのかませ検事との対決から始まる

f:id:guununu:20170503105146j:plain

 

どことなく懐かしい昔のカプコンキャラを彷彿させるデザイン

 

f:id:guununu:20170503105243j:plain

f:id:guununu:20170503105253j:plain

 

しかも表情豊か

 

f:id:guununu:20170503105325j:plain

f:id:guununu:20170503105334j:plain

 

シリーズではお約束の検事(弟)や裁判長も健在

 

f:id:guununu:20170503105510j:plain

 

後、成歩堂龍一の養女のみぬきも出てくるけど、こんな顔だったかな?

 

とりあえず、4で感じた負の要素がこれでもかと序盤からアクセル全開で押し寄せてくる

 

ただ、そんな中天馬ゆめみの存在は自分の中でかなり良い印象だった

 

f:id:guununu:20170503110134j:plain

一見あまり可愛いとは言えないデザインだけど、一つ一つの行動が可愛いゆめみ

久しぶりに良いキャラクターに出会えた気がした

 

話は戻り、何をするにしてもスマートに話が進まないこのゲーム

それは裁判パートに限った話ではなく、調査パートでも相変わらずだった

 

ある意味、過度な演出が自己紹介の役割でもありお約束、それが微妙にイラつかせる

しかも何回も何回もそんな演出が入るため、もう割り切るか電源OFFしか選択肢が無い

 

まあ、その分ストーリーの続きを早く知りたいと思わせる魅力もあるゲームだから困る

 

さらにこの捜査パートではどうしても調べる順序がある程度決まっている上に、物凄く気になる場所でもフラグを立てないと調査できないのが辛い

こういった部分はシリーズを重ねる事に露骨になっている気がする

 

そして裁判パート

 

実は調査パート以上に不満がある裁判パート

相変わらずの過度な演出とくどいやり取り、そして常に受身になることで不利的状況の回避が最後までほとんど無いゲームの流れ

 

この逆転裁判では、警察の杜撰過ぎる初動捜査や冤罪だろうと有罪にもっていこうとする検事

だからこそ逆転が起こるのかもしれないけど

事件に関わる証言や証拠が常に後だし状態の繰り返しなので、どうがんばっても調査パートで被告人を無罪にできる証拠も集まりませんし、常に重要な証拠は検察側が握っているので、それが出るたびに追い込まれます

 

まあ何が言いたいかと言うと、弁護士となってプレイヤーが無罪を勝ち取るゲームというより、裁判の様子を視聴しつつ合間にミニゲームをプレイしている感じかな

 

例えば、弁護側に本当の意味で危機的状況がやってきた場合、証人の証言や手持ちの証拠から突破口を切り開けるのならいいけど、結局いざとなると急に被告人が

「思い、出した・・・」

とかで突破口になる証言を言い出すパターンや、謎の手助けがくるとか・・・

 

とりあえず、調査パートなんかである程度の証拠を集めた後、制限時間を設けたりして任意でさらに証拠を集められる要素とかあれば、今の常に追い込まれるパターンも納得できるんだけど

 

こんな感じて不満をダラダラ書いたけど、ポンコツな弁護士にどこか抜けている検察、状況に流されやすい裁判長、そして常識なんかお構いなしの証人や被告人と全てにおいておかしい世界観があるからこそ、魅力的なのかもしれない逆転裁判シリーズ

 

これのどれかが優秀すぎるとバランスが壊れるからこそ、今の形になったのかも

そう考えると、なんとなく納得できる気がする

 

そして6がitunes storeで発売されたらなんだかんだでプレイしているのかもしれない

 

そんな気がする

Sherlock Holmes: The Devil's Daughter

シャーロックホームズシリーズ最新作

Sherlock Holmes: The Devil's Daughter」

をプレイしました

store.steampowered.com

 

一応シリーズとして、過去作の「罪と罰」や「遺言」もプレイ済み

 

今作の「悪魔の娘」は発売前の情報では色々と期待できそうな感じだったものの、実際プレイしてみると少し残念な出来と言える内容だった

 

まあ前作の「罪と罰」でほとんどシャーロックホームズのゲームとしてのシステムが完成されていたのもあり、基本的な推理部分要素はあまり手をつけずそれ以外に力を入れすぎ、結果面倒くさい感じに仕上がったいる印象

 

ただ、相変わらず街の汚れ感や、ごちゃごちゃした内装などはとても良い

f:id:guununu:20170430195410j:plain

f:id:guununu:20170430195429j:plain

f:id:guununu:20170430195450j:plain

さて「悪魔の娘」では、養女でもあるケイトリンに終始振り回されるホームズとあって、今までの冷静沈着なホームズとはイメージがけっこう違う

 

むしろ相棒のワトスンの方が色々と落ち着いていて、普段と立場が逆転している要素がちらほらあるくらい

 

トーリーに関しては、ケイトリンの存在など過去作からの結びつきがあるため、詳しく理解するには過去作をプレイする必要があるものの、一応今作だけでもケイトリンがどういった存在なのかは理解出来るように作られている

 

後は、お馴染みのホームズの家やベイカーストリート、そして警察署なども健在

 

で、問題のゲーム部分だけど

 

今作はとにかくアクション要素が多いため、難易度が地味に上がっている

一応、これらアクション要素もスキップできるっぽいので、面倒だと感じたら省略できるものの、それでもQTE要素や即死要素などストレスを貯めやすい作りがいくつか用意されている

 

正直アクションゲーム要素はそこまで必要なかったかな?と思っているくらい

 

特に遺跡関連のエピソードは、即死系パズルがふんだんに用意されている上に完全にアクションアドベンチャーみたいな作りになって、探偵と言うより完全にトレジャーハンターになった気分になる

 

とは言っても、過去作もそういった要素があったため、意外性は無いけどそれでも面倒かつ多い

 

まあ開発のマンネリを回避するための努力は感じられるけど、もう少しアクション部分は作り込んでほしかった

 

とりあえず次回作に望む事は、QTEの廃止とアクションパートの作り込み、そしてストーリー部分の強化・・・ってこれほぼ全部に等しいけど、それだけ全体的にクオリティが下がっているので今後これらがより良くなるよう作ってくれることを望む

 

最後にホームズ家のテーブルセッティングに少し憧れがある

例え料理が目玉焼きだけでもこのようなセッティングの元、食事を楽しみたい

f:id:guununu:20170430205045j:plain

 

テンセントのゲーム配信プラットフォーム「Wegame」

最近、中国大手のテンセント(Tencent)がゲーム配信サービスを開始するといったニュースがあった

 

テンセントといえば、LOLEpic games等の親会社で有名

 

特に、PCゲームや家庭用ゲームなんかはEpic gamesの開発したUnreal engineを使ってゲームを開発している所も多く、自然とロゴなんかを目にする人が多いかも

 

そんな大手テンセントの新しいゲーム配信プラットフォーム「Wegame」の発表により、人気ゲームでもあるロケットリーグが中国向けに基本無料スタイルで配信されるとの事

 

ただし、この発表により元々steamで販売されていたロケットリーグが、中国のユーザーのみ購入不可になってしまい、steamのロケットリーグのフォーラムは大荒れになってしまった

steamcommunity.com

 

一応、この発表以前にロケットリーグ購入した中国ユーザーはそのままsteam版でプレイできるわけだけど、この発表以降ロケットリーグを遊びたい中国ユーザーは自動的にテンセントの基本無料版でしかプレイできなくなってしまう

 

まあ、日本も既にこれとよく似た状況の事が起こっているので他人事ではないが、ビジネス要素が露骨に出る独占行為はあまり気持ちのいいものではない

 

そしてこのテンセントの独占行為により、今後第二、第三の独占もありうるため中国ユーザーは常に人気ゲームを警戒する必要性が出てきた

 

ただこのWegameの存在により、将来的にsteamの存在自体揺るがすかもしれない可能性もあるため、少し興味はある

 

実際、steam以外のPCゲーム配信プラットフォームはいくつかあるものの、やはりsteamと比べると弱い印象

 

一時期GOGなんかは、DRMフリーソフトメインとあって魅力的ではあったものの、新規タイトルに絞るとsteamに比べ圧倒的に弱い

かといって、originやuplayなんかも自社開発ソフト以外は魅力に欠ける

 

そのためあっさり独占行為を行うテンセントような資本がある所の方が、将来的にsteamと肩を並べる存在になるかも

 

まあ一強より、ライバルがいたほうがサービス等でより競いあい良い物が生まれやすいので、Wegameには規格外の要素でがんばってもらいたい

 

 

 

 

 

 

アウェアネスルームズ

f:id:guununu:20170420152943j:plain

若干ホラーめいた2Dスタイルの謎解きアドベンチャーゲーム

 

アウェアネスルームズ

 

をプレイしました

 

ちょっとかわいいドット絵が魅力的で、だいたい2、3時間くらいでクリア

 

価格も約500円で、軽く頭を使うには良いゲームなのかもしれません

 

store.steampowered.com

 

 

ゲームの流れとして

 

全く無知な状態の主人公が、見たり触ったりすることで認識力を高め、謎を解いていくゲーム

 

f:id:guununu:20170420154314j:plain

 

認識力が低い状態だと、物体のおおまかな形ぐらいしか理解できないものの

 

f:id:guununu:20170420154455j:plain

 

認識力が上がるとただの物体だったものが、それぞれ役割をもった物へと変化します

 

そして認識力がある程度上がるとようやく本来の謎解きゲームへと移行していくわけ

 

まず結論から言うと

 

面白さより面倒くさい要素の方が勝っているゲーム

 

全部で4つのステージがあるものの、それぞれのステージで最初にやることはとりあえず認識力を上げること

 

そのためには片っ端から見たり触ったりしなくてはいけない

しかもキーボード操作だと、地味に操作し辛い・・・

 

ただ最初のステージをプレイした時は、新鮮な気持ちでプレイ出来たし面白いと感じたものの、2つ目3つ目と進むにつれ認識力を上げる要素が完全に作業へと変わってしまった

 

せめて認識力をあげる要素にもう一捻りあれば良かったけど・・・

 

後、謎解きに関係のないフラグっぽい物があったんだけどこれのおかげで無駄にクリアまで時間がかかってしまった

 

特に消火器!

 

こいつのおかげで30分間消火器持ちながらその部屋をうろつくはめになったぞw

しかも認識力低い状態だったから、消火器とは思わず何かのセンサーだと勘違いしてたし

 

とりあえず、賛否の分かれるゲームではあるもののちょっとしたアイデアが光るゲームでもあるため、興味があるなら一度触れてみるのもありかな

早期アクセスゲーム

steamでは数年前から早期アクセスゲームというのがストアに登場し

今現在でも早期アクセスタイトルが増え続けています

 

早期アクセスとは

 

まあ、色々な理由があるのかも知れませんが、基本開発資金の無いインディメーカーが未完成の状態のゲームを販売し、その資金で開発を続けるというスタイル

 

ユーザーにとってのメリットは、未完成のゲームをプレイできたり

コミュニティ等で開発側に要望を送ったり、意見を交わしたりすることが可能

まあ基本的には、バグの報告や要望が中心かも

後、ゲームによっては製品版になったときより安く買えることも

 

開発側にとってのメリットは、もちろん開発途中であるものの資金を確保できたり

ユーザーからのフィードバックをリアルタイムで受けとれること

 

ただその分デメリットもしっかり存在する

 

早期アクセスのデメリット

 

f:id:guununu:20170405164801p:plain

 

早期アクセスゲームのストアページにはこのような注意書きが添付されている

まあ要約すると、開発側のやる気次第だから気長に待てという事

 

実際、最初こそ話題になっていたゲームも色んな問題に直面し数年たっても未完成といった事がめずらしくない

 

特にオープンワールドサバイバルゲームマルチプレイ)なんかは、製品版までの道のりが遠い印象

 

他にも、未完成の状態でも強引に製品版に移行するメーカーもいるだろうし、思ったほど売れずフェードアウトするゲームだってある

酷い時には本当に開発しているのか怪しいゲームも・・・

 

なので気になる早期アクセスがある場合、投資や寄付という認識で買う方が精神的にもいい

 

まあ早期アクセスタイトルでも、きっちり完成させるメーカーもいるしある程度コンテンツ等を実装し完成に近い状態に持ってくるメーカーもいるため、DayZみたいな事はよっぽどじゃないと起こらないかも

 

後、早期アクセスゲームは定期的にアップデートが行われ、アップデート内容によっては動作が急激に不安定になったり、環境によって起動不可といったトラブルがつきもの

 

そういった事を含めて購入するさい判断するのがいいかもね

 

最後に

 

一応早期アクセスゲームはユーザーにとってもメリットはあるものの、根本的には開発側のためのビジネスプランだという事

 

そのため、注意書きにも書いてある通り開発側の方に比重が置かれている

 

ただやっぱり、ユーザーがお金を出している以上もう少しユーザー側に少なからず保険のようなものがあれば良いと思っている

 

それでも早期アクセスにより、一風変わった色んなゲームが数多く登場しているためあまり強くは言えないけど

 

 

 

 

後方互換が想像以上に充実していくXBOX ONE

jp.automaton.am

 

XBOX ONE後方互換が発表されたとき、まあ話題性がある時に有名所がちょろっと出して終わりかな?

 

・・・と正直思ってました

 

しかし現状は想像以上に互換タイトルが増え続けています

 

リマスター&リメイク

 

PS3XBOX360時代の中期から後期あたりで、HDリマスターやリメイクが発売されるようになり、PS4XBOX ONEが発売された初期の頃などもそういったリマスター&リメイク版の発売及び発表が相次いでいた状況の中、

 

XBOX ONE後方互換の発表

 

このニュースはユーザー側にとってかなり嬉しいものである反面、メーカーにとってリマスター等の販売を阻害する形になるため、そこまで互換タイトルが増えないといった意見もありましたが、意外にも後方互換が発表されたタイトルのソフトが再度売れ出すという現象を引き起こし、メーカーにとっても全く悪い話じゃない状況に

 

さらにブルードラゴンロストオデッセイといったDL版が存在しないタイトルも、この発表以降、DL版が販売され互換タイトルの仲間入りを果たしました

 

ロストオデッセイ

ブルードラゴン

 

ただ、互換に対応しにくいゲームも存在しているため、全タイトルをXBOX ONEで遊べるようになるのはさすがに無理

 

たとえばオンラインメインで、尚且つサービスが終了しているゲームや、日本のみ発売されたタイトルなんかは難しいかも

 

後は、会社自体無くなってしまい権利関係が不明なタイトルなんかも互換に対応するのはハードル高そう

 

それでも世界規模で販売されていたタイトルは、今現在も増え続けているため完全互換は無理でもそれに近い形まで増えることは確実かも

Far cry 4

store.steampowered.com

日本語PC版発売で色々とごたつき、鍵屋で購入したユーザーのキー無効化

そしてこのころのUBIはPCユーザーに対してあまり良い印象をもっていなかった

 

まあ色んな負の要素が集結した時に発売されたゲーム

 

それがFar cry 4

 

たぶんFarcry3をプレイした人なら分かるけど、ソロプレイに関してほとんど新鮮味がない・・・

 

ただ協力プレイやマルチプレイが楽しいらしい

 

とりあえずソロプレイで一応クリアしたので感想を

 

 

 

f:id:guununu:20170311183839j:plain

 画像の人は、パッケージでも存在感をこれでもかとアピールしている王立軍のトップ

 

パガン・ミン

 

主人公の叔父にあたる存在だったかな?

とりあえず、ちょっとクレイジーな感じではあるけど主人公に対しては有効的な印象

 

でも反乱軍でもあるゴールデン・パスにとっては敵なので、自動的に主人公にとっても敵になる

 

ちなみにパガン・ミンと初顔合わせの後、ゴールデンパスに助けられる事から物語が始まるわけだけど・・・

 

このゴールデンパスも一枚岩というわけではなく、今後の方向性の問題により仲間同士で対立傾向に

 

そのため主人公は時折選択を求められる

 

今回はストーリーに選択要素があるため、その選択しだいで結末も変わる仕様だ

 

後サブストーリーもいくつか用意されており、それに絡んでくるキャラクター達も相変わらず個性が強い

 

 

さて4になって新鮮味にかけると言っても追加要素はいくつかある

 

f:id:guununu:20170312174018j:plain

 

 たとえば特定のポイントでフックを利用し、急斜面を登り降りが可能

もちろんフックを利用しないと進めない場所もあるし、利用することにより攻略に幅がでる場面もある

とにかくけっこう高い頻度でフックにお世話になる

 

f:id:guununu:20170312174348j:plain

f:id:guununu:20170312174506j:plain

 後は、動物や乗り物関係も地味に増えていて象なんかは乗ることで攻撃手段として使えるし、一人用ヘリなんかは移動にとても便利

 

それに車両関連にオートドライブ機能があるため、オープンワールドならではの観光もいいかも

 

f:id:guununu:20170314020519j:plain

f:id:guununu:20170314020534j:plain

f:id:guununu:20170314020555j:plain

f:id:guununu:20170314020618j:plain

f:id:guununu:20170314020718j:plain

 

基本的にこのゲームは、ステルス要素が強いゲーム

 

敵拠点制圧や今作から導入された要塞も、正面からランボープレイは自殺行為

 

まず遠くから双眼鏡で視察し、敵にマーカーをつけ迫撃砲付近の敵やスナイパーを優先的に排除したのち攻略していくのが基本かも

特に迫撃砲はこちらの位置が特定されていなくても、ピンポイントで攻撃してくる

 

そして、もし敵に発見され増援を呼ばれれば、数の暴力により即ゲームオーバーになりやすい

 

3の時は、遠くからスナイプしていれば簡単に制圧できたけど、今作は少しばかり難しくなっている

・・・とは言ってもスナイプのみで攻略できるけど・・・

 

後メインストーリーも3よりステルスゲーなっている気がした

 

そしてステルスゲーでもあるこのゲームだけど狩りゲーでもあって、動物も高い頻度で襲ってくる

 

動物は爆破物等で殺さない限り、倒すと皮と肉が手に入り、皮は所持金や弾薬のストック数の拡張に使い、肉は他の獣のおびき寄せるのに使える

 

3ではこの狩りが地味に面倒だったけど、4でも健在だった

 

ただ、武器所持数拡張に必要な動物の皮は今作では序盤で全て揃うので、多少楽になっている

 

他にも暗殺クエストや狩猟クエスト、無数の収集物等やりこみ要素はたくさんあるもののさすがにだるいかも

 

最後にこのゲームをクリアして思ったこと

 

3でもブラッドドラゴンでも、そして今作もそうだけど最初の数時間はいつ積んでもおかしくないモチベーションでした

 

ただある程度プレイしてると、「つい遊んでしまうゲーム」

に変わる不思議な魅力をもっています

 

実際どのシリーズものでも、そういった魅力をもっているからこそシリーズとして続いているのかも

まあ実際、拠点制圧は楽しいですからね

 

ただもう少し早い時期に遊んでいればよかったかなと今となっては後悔

 

とりあえず次は1か2をプレイしてみようかな