ゲーム記録

自分で読み返すための記録

Battle Chasers Nightwar

store.steampowered.com

レトロ風JRPGの要素を取り入れた、ターンベースのハクスラのようなゲーム

Battle Chasers Nightwarをプレイ

オープニングからアニメーションを起用しており、日本語のテキストや音声にも対応している

f:id:guununu:20171015135817j:plain

f:id:guununu:20171015135830j:plain

このゲームはとにかく作り込みが素晴らしく、比較的遊びやすくなっていて、

難易的にもやりごたえのあるものに仕上がっている

 

まず、作り込みが素晴らしい点としてしっかりと読みやすいマニュアルが用意されていること

f:id:guununu:20171015143600j:plain

f:id:guununu:20171015143628j:plain

最近のゲームでは、マニュアルを読まずともプレイできるスタイルのものが増えてきたが、Battle Chasers Nightwarではあえてマニュアルが用意されている

もちろんマニュアルを読まなくてもある程度のプレイに支障はないけど、マニュアルを用意する辺りもレトロゲーム風のこだわりの一つなんだと思う

 

ゲーム自体の作りはディアブロ風のハクスラに近いため、メイン部分でもあるダンジョンも入る度にランダムに変わる構成になっている上に、難易度なんかも選べて繰り返し遊べるようになっている

f:id:guununu:20171015160750j:plain

f:id:guununu:20171015160950j:plain

各ダンジョンはそれぞれフロアごとに分けられており、難易度によって敵の強さも変わればレベルによるドロップアイテムも違ってくる

他にも、読み物系の内容も変わるし、難易度の変化によるものか入る度にかわるランダム要素によるのものかわからないけど、たまにNPCが出てきたりもする

ただ、ダンジョンごとのクリア条件に必要な要素やボスは固定されているため、そこまで大きな変化は無い

 

ダンジョン以外にもフィールドマップも存在しており、こっちはダンジョンに比べかなりシンプルな構成になっている

f:id:guununu:20171015161811j:plain

f:id:guununu:20171015161832j:plain

フィールドマップはクロノトリガーに近い作りで、移動範囲はかなり限られていて、道以外は通行不可で、敵とも強制的に戦闘が行われる

ただし、敵の強さがある程度弱い場合に限り、戦闘は回避可能

 

そしてこのゲームで一番JRPGらしさを感じる戦闘部分だけど、シンボルエンカウントによるターンベースで基本的に最大3vs3での戦闘が行わる

f:id:guununu:20171015162629j:plain

f:id:guununu:20171015173447j:plain

 Battle Chasers Nightwarではとにかく連戦を強いられるため、HPやマナの管理が必要になってくる上に、序盤こそまだレベル上げて物理で殴れば済むものの、中盤ぐらいになってくるとザコによってはあっさり全滅というのも珍しくない

そのため、バフやデバフをつかった戦略、武具の強化やボーナスポイントによるプレイヤーの強化が攻略の鍵となってくる

レベルが上がったり、アイテムを使う事で手に入るボーナスポイントはいつでも好きなように付け替えができる強化要素で、ポイントの振り分けによってプレイヤーの特性が変わるようになっている

変わるといっても戦士から魔法使いにジョブレベルで変わるのではなく、ステータスの一部をより強化するようなレベル

 

他にも、ダンジョン内で使えるアクションスキルもあり、これを使う事でトラップを回避したり敵に対して有利に戦闘を行えることもできる

 

とにかく全体的に作りはいいものの、やはり不満点もいくつか存在するのも事実で、

全体的にスローテンポなのが少し気になるポイント

例えば移動に関しても基本ダッシュが存在しないため、ダンジョンに潜ったさい移動の遅さにストレスを感じる事がある

これはフィールドマップでも同様

後、戦闘も敵味方それぞれの動きは素晴らしいけど、慣れてくると一つ一つのアニメーションがだるくなってくる

こういった要素をカットできる機能があればいいんだけど、設定関連に関しても昔のゲーム並みに少ない

そして、コミュニティでも少なからず問題になっているフィールドマップでのフレームレートのドロップ問題があって、自分もこれに悩まされている

コミュニティ内のスレッドを読む感じ、いくつか解決法らしい事は書かれてあるものの、決定的なものではなく開発側もそのことについては把握しているみたい

この前のアプデでもしかしたら直っているかもと期待したけど、当分この問題が修正されるのは事はないかもしれない

この問題が多くのユーザーに起こった問題なら原因をすぐ特定できそうだけど、一部のユーザーでおこっている問題だからね

 

とにかく、やりごたえのある面白いゲームなんで願わくばフレームレートのドロップ問題が早い内に解決してくれるとありがたいです

 

コスプレガシャで3万つかう

この前のコスプレガシャで3万投入して限定を引き当てる事ができず軽くへこんでいます

そしてそんな時いつも思うのは、フェス以外もう引くの辞めようと脆い決意をするわけなんだけど、結局引いてしまうわけ

なぜこんなに決意が脆いかというと、たまにある限定ガシャであっさり限定SSRを引いてしまう事があるからだと思う

実際、ここ最近はSSRの引きも良かっただけによけいにね

ちなみにコスプレガシャの成果は3万でSSR11枚と、予想を遥かに超える成果と言えるものの、その内被りが8枚となんとも残念な結果になった

それでも新規SSRの3枚の内の1枚にちょっと気になるキャラがいたので、少し救われた気がした

そのへこんだ気持ちを払拭してくれたのは、最近SSRが実装された

的場梨沙

f:id:guununu:20171012152624j:plain

なんか今までいるようでいないタイプというか、それ以上にストッキングとガーターベルトについ目を奪われました

今後彼女をできるだけ使っていこうと思っている

そういえば最近気がついたことで、デレステガチャって正式名称はガシャなんですね

 

 

カオスチャイルド 

chaoschild.jp

購入したもののうっかりネタバレを見てしまい、結局購入から半年近く経ってからプレイするはめになったカオスチャイルド

カオスチャイルドとは、科学アドベンチャーシリーズの4作目にあたるビジュアルノベルゲームで、そのシリーズの1作目でもあったカオスヘッドとの繋がりのあるゲーム

とにかく、グロテスクかつショッキング、そして陰湿なストーリー内容が特徴的

f:id:guununu:20171003213824j:plain

 

今作もカオスヘッドと同様の要素がいくつかあり、その中でも特徴的な要素としてテキストを用いた選択肢を使用せず、変わりに妄想トリガーというものがストーリー分岐のフラグとなっている

この妄想トリガーとは、定期的に訪れる主人公の妄想癖の内容をポジティブもしくはネガティブな内容に変換できるもの

例えば、同一場面でもポジティブな妄想をすると、ラブコメみないな展開の妄想が始まり、ネガティブな妄想をすると陰湿な展開が始まる

ただ、1周目は妄想トリガーでの選択はあまり意味が無く強制的に一つのエンディングを迎える仕様(一部バッドエンドがある)

 

新要素のマッピングトリガー

カオスチャイルドには、妄想トリガー以外にもマッピングトリガーというものがあり、公式サイトにも書いてあるように、このマッピングトリガーも一つのフラグとなっている

 マッピングトリガーとは、渋谷周辺の地図を使ったゲーム要素で、例えば事件の内容に対していくつかある現場写真の一つを選択し組み合わせたりする

f:id:guununu:20171003210526j:plain

f:id:guununu:20171003210540j:plain
ほとんどは事件整理のために使われる事が多いけど

ただ、一部を除いて選択を間違えてもやり直しがきくため、難易度はあって無いようものなんだけど、トロフィー獲得には重要な要素でもある

 

序盤から飛ばしまくるストーリー展開

このゲームの魅力の一つでもある猟奇的な殺人方法

それを序盤から惜しげもなく見せつけてくる

特に犯人の行動はとてつもなく不気味で、犯行に及ぶさいあるアクションを起こすのだけどこれが下手なホラーより怖い

そして、序盤から展開も速く常に緊張感のある内容のため、だれる要素も少なく1周目は一気にエンディングまで進めてしまった

ただ、メインストーリーが良く出来ている分、妄想トリガーにより発生するエピソードは退屈に感じてしまうけど、トロフィーを気にしなければそれらエピソードをスキップできるため、メイン部分だけ追いたい人は1周目は妄想トリガーを引かないで進めるのもあり(1周目は妄想トリガーを使わなくてもクリアに影響がないため)

 

散りばめられた伏線

カオスチャイルドでは、妄想力士シールがかなりの割合で重要な要素になっている

前作にあたるカオスヘッドでは「その目だれの目」というキーワードが印象的だったけど、今作はその役割を力士シールが補っていると言っていい

f:id:guununu:20171003212107j:plain

実は、カオスチャイルドをプレイして一番感心したのはなによりもこの力士シールの存在だ

カオスヘッドでも度々でてくる「その目だれの目」というなんとも言えない不気味かつインパクトのあるフレーズに感心したけど、力士シールはまた違った感じで絶妙な不気味さが伝わってくる

まあ、力士シールも見た目からしてなんとなく大きな謎が隠されているように見えるわけだけど、それ以外にもこのゲームにはたくさんの謎が散りばめられている

例えば、普段の会話や行動にも伏線があり、何気ない会話に含ませることもあれば、何かしら違和感を感じる部分がただの過剰な演出ではなくしっかりとした伏線だった事に気づいた時は、正直驚いた

 

ちなみに1周目だけでは全ての謎は解明されず、そのあと個別ルートをクリアし、ようやくTrueへと進めるわけだけど、Trueルートでこのゲームの印象が大きく変わる謎が隠されているため、個別を流し読みしてでも進める価値は十分ある

個別ルートもそれなりに面白いけど、やはり1周目に比べると内容が弱い気がする

 

主人公 宮代拓留

f:id:guununu:20171004232237j:plain

宮代拓留は見た目だけだと、眼鏡キャラ特有の冷静沈着なイメージだけど

実際は感情的で良くも悪くもわかりやすい人間

とにかく初対面に対してコミュニケーション能力が極端に低く、自分とクラスメイトの違いを情報に強い人間(情強)と弱い人間(情弱)にわけて考える癖がある

そういった理由から、拓留が所属している新聞部の部員以外とはまともに話せずにいる

まあ、彼にとってあまり良く知らない人間ということで、人をバカにしたような考えをもっているだけで、よく知っている人間に対しては優しさを見せるし、基本的にはそれなりにいい奴でもある

 

ただ好奇心旺盛のためか後先考えず行動する事が多く、一見積極的に見えてここ一番になると消極的になりやすい

そのため、人を守るよりも守られる方が多い印象

しかもなにかしら感情的になりやすいため、けっこう人に強くあたる事が多い

それでも、なんだかんだ言って前に進もうとする強い意志も持っている

 

とはいっても、宮代拓留の魅力が出るシーンって限られているため、クリアした人とそうでない人で大きく印象が変わるかも

 

個人的には嫌いじゃないけど

 

クリアしての感想

とにかく1周目とTrueはさすがシリーズとあって素直に面白いと思えるゲームだっただけにその分、個別ルートが少し残念に思える

個別ルートもそれぞれ明かされてない謎が解明される要素もあったし、それぞれ違った話の内容だったので悪くないんだけど、1周目の後だとやっぱり弱いし少しだれてしまう部分があったのが残念かな

もちろん、これは贅沢な話なんだけど

後、ヒロイン達はみんなしっかり個性もあって、魅力的だったと思う

特に有村雛絵は良かった

最初見た時、一番裏表がありそうな印象だったんだけどね

とりあえず、科学アドベンチャーシリーズの最新作でもあるカオスチャイルドが予想を上回る出来で本当に安心した

ちなみに、自分が見たネタバレだけど、Trueをクリアした時にはさほどたいした事ない内容だったんだなと気づかされました

theHunter:Call of the Wild

store.steampowered.com

広大な大自然の中、動物相手に狩りをするゲームでまだ10時間程度しか遊んでいないものの、それなりに楽しんでプレイしている

まだ右も左も良く分かっていない状況のため、色んな情報を上手く生かせず動物探しのため、ひたすら歩いている毎日

そのため、狩りそっちのけで景色を楽しんだりスクリーンショットをとったりしている

f:id:guununu:20170926154111j:plain

f:id:guununu:20170926154131j:plain

f:id:guununu:20170926154200j:plain

f:id:guununu:20170926154226j:plain

 

とにかくのんびりとプレイするゲームで、動物達を短期間で狩りまくりたい人には向かない作品

自分も1回のプレイ時間は長くて2時間程度だけど、そのほとんどの時間をウォーキングに費やしている

 

 

一見カジュアルな作りに見えて、所々がリアル寄り

このゲームにはちょっとしたRPG要素があって、動物の死体を回収することで経験値と報酬が手に入るようになっている

経験値を手にいれる事により、レベルも上がるしプレイヤーの能力を強化するスキルやパークも開放できる

f:id:guununu:20171002043913j:plain

そして手に入れた報酬で条件さえ整えば新しい武器などを購入可能

f:id:guununu:20171002040545j:plain

たまに落ちているアイテムなんかを手に入れると経験値やスキルが開放されることも?

 

後、動物達の痕跡なんかも視認できる上に、痕跡によって行動もざっくり把握できる仕様になっている

f:id:guununu:20170930181446j:plain

ただ、その動物達を発見するのが大変で、慣れていない内はひたすら歩き回る事が多くなってしまう

動物達は、人より音などに敏感でこちらが視認できない距離でも警戒してくる

しかも森の中ではより発見し辛く、泣き声は聞こえるけど姿は見えずといったことが当たり前

そのため、動物達の痕跡を辿り鳴き声で近場にいるとわかれば、できるだけ音を立てずしかも風の影響等も考え行動しないと、永遠にいたちごっこを繰り広げる展開になってしまう

 

一撃もしくは致命傷を狙う

このゲームは銃で撃つなりして動物を殺し、そして死体を回収して初めて経験値や報酬が発生する

 

しかし、夜間ならまだしもまだ明るい昼間に動物の死体を回収できないといった事が度々あった

その時はまだ始めたばかりだったので知らなかったのだけど、一撃でしとめないと銃弾の当たり所によって、血を流しながらも移動することがある

もちろん致命傷を与えていれば、数メートル先で息絶えているものの、当てる部位によってはそのまま逃げられてしまうわけ

なので、できるだけ一撃で始末できるよう心がける必要がある

f:id:guununu:20171002043809j:plain

狩りゲーとしては満足かな?

思ってた以上に遊びやすく、狩りゲー要素もしっかりあるため狩りゲー初心者には良いゲームなのかも

一応観光要素も少なからず備わっているし、高い場所だと風の音なんかが本当にリアルで驚いた

ただ、狩りゲーがメインとあってオープンワールド系特有の遊び要素が少ないため、すぐ飽きる人もいるかも

とにかく、3000円くらいの価格にしては内容に関して個人に満足している

 

 

コーエーテクモの劣化移植

jp.automaton.am

steamで販売される「ブルーリフレクション」の解像度がPS4版にくらべ劣化しているとのこと

automatonの記事ではsteam版「ブルーリフレクション」の2Dイラストが720pになっていることで話題になり、軽く炎上しているとの内容なんだけど

もしかすると、ゲーム全般が720pなのかもしれないとも言われている

 

もともとコーエーテクモのゲームはPC版だと劣化移植は珍しくなく、今までもたびたび話題になっていた

例えば、無双シリーズPS4版とPS3版が存在する場合、steamで販売されるのはPS3版をベースにしたものが当たり前のように移植される

しかし、PS4版とvita版しか存在しないタイトルの場合はさすがにvita版をベースにしたものを移植するわけにいかないためかPS4版をベースにしたものが、steamで販売されるようになっていた

特に最近は、PS3版自体販売されなくなっているため、基本的にPS4版ベースがあたり前だったような気がする

まあ、コーエーテクモのゲームも今は積極的にsteamで販売されるも、相変わらず日本語テキストが無かったり、日本から買えなかったりするため移植のクオリティがどうなっているのか細かい所はよく分からない

 

しかし、ここにきて「ブルーリフレクション」の解像度問題が話題になるあたり、また劣化移植が当たり前になりつつあるのかもしれない

たぶん多くのPCユーザーが疑問に思っているのかもしれない

なぜこんな劣化移植を行うのか?

PS4版と同等のクオリティにすると何かまずい問題でもあるのだろうか?

それとも技術的な問題なんだろうか?

なにかしらのライセンスが関係しているのだろうか?

 

と、色々考えてしまう

とにかく、解像度の問題で立てられたスレッドは今現在消えているらしく、より炎上している気もするけど、コーエーテクモがどう対応するかによって今後に色々響いてきそう

 

 

 

 

 

アイドルマスターステラステージが12月21日に発売

www.famitsu.com

PS4にアイドルマスター最新作

アイドルマスターステラステージ」の発売が決定した

 

PVを見た感じ、モデリングに少し違和感はあるものの、さすがPS4とあってなかなかのクオリティだと思う

確かアイマスって最初はアーケードからだったかな?

そこからキャラクターが増えるものの、入れ替わりのような事もなく最新作でもお馴染みのメンバー

 

家庭用の方はあまりプレイした事がないため、そこまでキャラクターに愛着はないんだけど、これだけメンバーに変化が無いということはそれだけ根付いているのかな?

 

アイドルマスターといえば昔XBOX360で発売されたとき、2作目の方だったか忘れたけどDLCの売り上げがニュースになっていたのを今でも覚えている

 

それくらいこのコンテンツにお金を落とすユーザーがいて、今もその勢いが衰えていないのもある意味凄い

 

 

Haydee

store.steampowered.com

尻ゲーとも言われている難易度の高いアクションTPSをプレイ

クリアまでだいたい20時間ほどかかりエンディングも複数存在する

とにかく色々な制限や攻略に必要なヒントも最小限に抑えられているため、やりごたえは十分あるゲーム

 

お尻はあくまでおまけ

f:id:guununu:20170919171337j:plain

一つ一つのアクションが妙にお尻を強調したものになっている事が多いものの、ただ単純な尻ゲーではなく、お尻以外のゲーム部分の方にも力を入れて製作してある

 

自力でのマッピングなんかやってられないくらい複雑に入り組んだ建物内を、さまざまなアクションを駆使してエンディングを目指すゲームで

建物内はそれなりに広く高低差もあり、ジャンプや上り下り等のアクションに加え、所々パズルのような構成になっている

そして複雑化した場所をくまなく探索する事で道が開けていくわけ

しかも、所々扉が閉まっていたり、敵が進路を塞いでいたり、特定のアイテムが無いと進行不能だったりと探索を阻害する要素もしっかり用意されている

一応この手のゲームには珍しくはないのだけど、ゲーム内での音声はもちろんの事、テキストも一切存在しない

ただ、なにかしら謎めいた要素やエンディングにて色々匂わせる要素もあるため、全くストーリーが無いというわけではない

 

制限やら事故死やら初見殺し

弾薬の管理やセーブ回数の制限

そして至る所に設置してあるアイテムボックスの共有化等

プレイしていると初期のバイオハザードをプレイしている気分にもなる

 

とにかくセーブ回数に制限がある上、限られた場所での任意のセーブしかないので

場合によっては下手に死ねない状況が多々ある

こういった状況でまず気をつけないといけないのが高低差による事故死

ある程度の高さを超えた状況で、勢いよく降りるとダメージ負う上に最悪ゲームオーバーも珍しくない

そのため高所から降りるさいは、一度しゃがんで降りたい方向にお尻をまず向ける

f:id:guununu:20170919222514j:plain

そして、もう一度しゃがみボタンを押すことでぶら下がり状態になり、ようやくここで安全に降りられるようになる

f:id:guununu:20170919171827j:plain

 

次に地雷について

地雷は地面に設置されている事もあれば、壁に張り付いていることもある

しかも、それら設置場所は死角になっていたり、視認し辛い場所だったりするわけ

そして一度爆発すれば、形跡すら残さないため初見だとどうして死んだのかも気づかせてもらえない

まあ地雷で死ぬのも序盤だけで、ある程度なれてくるとけっこう回避できることが多くなってくるため、序盤は死んで覚えるのが手っ取り早い

 

最後は敵による不意の一撃での即死

f:id:guununu:20170919221754j:plain

これも序盤によくあるんだけど、死角から一気に距離を詰めて攻撃してくる敵がいる

体力的にも十分でアーマー装備なら一撃で死ぬ事はないものの、体力が低いとあっさりゲームオーバーになりやすい

ただ、敵の不意の一撃や突如出現する要素にもパターンがあるため、慣れてくると敵が出る前から予想がつくようになってくる

例えば通路の狭い場所で、尚且つ天井にダクトのようなものがある場合は、間違いなくそこから敵が降ってくるし

重要なアイテムを取った後は、一部の敵がリスポーンする

特にキーアイテムを取るさいは、リロードや体力の回復をしっかりしておく事で死亡を回避できる

 

 

攻略のコツ

とにかく隠し通路が無いか、しらみつぶしに探索する必要がある

そのためにも、柵の無い場所はとにかく飛び降りて確認したり、暗い部分は出来るだけ暗視ゴーグルを活用したりしなくてはいけない

後は、掴める部分がないかダメージ覚悟でジャンプしてみたり、死体はしっかり調べる必要も出てくる

それでもわからない場合は、攻略動画がおすすめ

ただ、攻略動画も場合によっては参考し辛い事もあり、進行具合が一緒でもそれまで探索した割合に違いがあると、所持アイテムの数や開放してあるルートの違いなどが発生するケースもあるため、時には攻略動画を最初から確認する羽目になる事もある

 

後、ゲーム難易度を下げる要素としてMODを使用する方法もある

 

Steam Workshop :: Damage+Impact

銃の攻撃力を上げるMODで、だいたい1発もしくは2発で敵を倒せるようになる

 

Steam Workshop :: 500+ discs and additional recorder in every room

セーブ回数が合計500増える上に、セーブできる場所が格段に増えるMOD

特にセーブできる場所が、死に易い場所にいくつも設置されているため、攻略に対してのストレスもかなり軽減できる

セーブ回数に関しては、いくつか特定の場所に100個づつフロッピーが配置されている

後はスキン関係のMODも充実しているが、かなりOUTっぽいものが多い

MOD導入はサブスクライブボタンを押せば自動で導入してくれるお手軽仕様

Steam Community :: Haydee

 

最後に

とにかく難易度高いため、あまり人にお薦めできるゲームではない

ただ、難易度が高い意外は進行不能といったバグも無く、しっかりゲームとして作られているため、非常に好評という評価も納得いく

それとこのお尻は、一種の精神安定剤の役割になっているのかな?

思ったほどストレスを貯めることは無かった気がする

 

それでも、パズル要素のある高難易度ゲーって自分の中で苦手な要素二つがかみ合わさったゲームなんで、もう一度プレイしたいとは思わないかも